ゆったりハンモック レポート by KIM

こんにちは😊
リポーズヨガインストラクターのKIMです。

今日はゆったりハンモックのクラスについてご紹介します✍️

🧘‍♀️クラスに参加されている方🧘‍♂️

ハンモックというとInstagramに載っているような、アクロバティックな動きを想像されると思います。
ハンモック”フィットネス”のクラスではアクティブに動いて行きます。
しかし、”ゆったり”ハンモックのクラスは本当にゆったり動きます。
激しい逆転のポーズもありせん。

なので、ハンモックが初めての方や、ゆったり呼吸しながら伸びたい方が多くいらっしゃいます。

20代、30代の若い方向けと思われる方もいらっしゃるようですが、そんなことありません。
私自身40代ですし、詳しくは伺っていませんが、50代、60代の方も楽しまれています。

🧘‍♂️設備について🧘‍♀️

時々聞かれますが、リポーズヨガでは、梁にしっかり装具が打ち付けられています。
(写真上:筋交いの補強も見えますね。)

生地もシルク・ド・ソレイユと同等のものを使っています。

なので、背の高い方や、体重が重い方、男性ももちろん安全に楽しんで頂けます。

🧘‍♀️クラスの流れ🧘‍♂️

前半は、床から10cm位の低い位置にハンモックを設置しています。

ハンモックを補助具のように使いながら、背骨を揺らしたり、股関節を緩めたりしていきます。

写真(上)のように寝転がって、頭よりもお尻を少し高くするだけで、十分逆転のポーズです。
下半身に下りてむくんでいた水分が戻りやすくなるので、クラスの途中や後にトイレへ行く方もたくさんいらっしゃいます。

中盤では、呼吸を大切にしながら、しっかり動いて行きます。

写真(上)のように、身体を支える筋肉、腹筋、背筋、また内腿もしっかり使います。

またハンモックを補助具にして、肩立ちのポーズ(写真下)をしたり、全身伸び伸びと使って行きます。

後半は、ハンモックを足の付け根の高さに上げて、動いて行きます。

側屈(写真下)もハンモックを使うと安定して伸びれます。
自力でこの姿勢になるとしたら、結構大変ですね(笑)

またダウンドッグ(写真下)も一味違います。

多くの方が、いつもより腕や背中、腰が無理なく伸びます。
本当、犬が伸びをするように、気持ちよく伸びていますよね。

最後はハンモックに完全に入ってみます。

胎児のポーズ(写真一番最初)は、ハンモックに包まれて、まるで赤ちゃんに戻ったかのように癒されます。

また最後の休憩、シャバーサナ(写真下)をしますが、ハンモックの中なので、仰向けに限りません。
横向きでも良いですし、膝を曲げていても良いです。
床でのシャバーサナとはまた違った脱力感を味わえます。

🧘‍♀️ゆったりハンモックで感じること🧘‍♂️

私自身が感じることで、多くの生徒さんも仰いますが、通常のヨガとは違った良さがあります。

ハンモックを補助具のように使うので、普段伸びづらい所が伸びたり、普段使いづらい所が使えたりします。

また途中でも少し触れましたが、低い位置ですがお尻が頭より少し高くキープするだけで、むくみが戻りやすいです。
私もクラスの後は必ずトイレへ行きます。


🧘‍♀️注意点🧘‍♂️

もちろん、上記は個人の感想なので個人差があります。

⚠️体圧をかけては行けない病気をお持ちの方には向きません。
(予約画面に注意事項が出ますので、必ずご確認下さい。)

⚠️ゆったりハンモックではそれ程揺れないので、具合が悪くなった方はいらっしゃいませんが、乗り物酔いにとても弱い方は向かないかも知れません。

通常のヨガ、という言い方も変なのですが、も私はとても好きです。
ハンモックも同じように好きです。
両方に良い所があり、また補い合ってくれます。

一緒に伸び伸び動きましょう。
スタジオでお待ちしています😊

KIM

小岩ヨガ・ハンモックスタジオのReposeYoga小岩

「慌ただしい日常からほんの少し離れ、自分だけのリラックス時間を過ごしてもらいたい」  そんな願いで、2015年2月に江戸川区、小岩にリポーズヨガをオープンしました。 天然無垢材の床の温もりを素足で感じ、アロマの心地よい香りの中、穏やかな呼吸で行うヨガはココロもカラダも解放され そのままの自分と向き合う事ができます。 定員8名のレッスンで、ヨガ初心者から経験者まで男女ともに安心して楽しんで頂けます♪

0コメント

  • 1000 / 1000